四日市港開港120周年記念 ポートビルからの展望と萬古まつりを楽しもう

さわやかウォーキング 四日市港開港120周年記念 ポートビルからの萬古まつりを楽しもう

さわやかウォーキング 四日市港開港120周年記念 ポートビルからの萬古まつりを楽しもう

 

 

もう日本には四季なんてものはなくなりましたね。まだ5月中旬に入ろうかという時期なのに気温は30度近くまで上がったようです。

 

四日市のひとつ手前の富田浜駅から四日市駅まで約9.8kmのさわやかウォーキングです。

 

f:id:ausnichts:20190512110748j:plain

名古屋から普通電車で40分くらい、ただこの日は快速が臨時停車していたようですので、それですと30分くらいです。普通電車で行きましたので比較的お客さんは少なかったです。

 

f:id:ausnichts:20190511103739j:plain

舗装された道路に松の木って、なんだか奇妙な感じがします。海岸沿いの防砂林だったんでしょうか。

 

f:id:ausnichts:20190511104135j:plain

小型クルーザーの係留地があります。

 

f:id:ausnichts:20190511104337j:plain

三河湾に出ますが、巨大な人工島が立ちはだかります。下のマップの矢印方向です。

f:id:ausnichts:20190512132030j:plain

ぐるりとまわってポートビルに向かいます。

 

f:id:ausnichts:20190511104402j:plain

緑地になっていますが、おそらく海岸だったのでしょう。

 

f:id:ausnichts:20190511104850j:plain

海上運送会社のコンテナが並んでいます。シンガポール、日本、中国。

 

f:id:ausnichts:20190511105240j:plain

四日市港ポートビルが見えてきました。

 

f:id:ausnichts:20190511105641j:plain

結構広い緑地の中に立っています。

 

以下、展望台からの風景です。

f:id:ausnichts:20190511110715j:plain

f:id:ausnichts:20190511110728j:plain

f:id:ausnichts:20190511110807j:plain

f:id:ausnichts:20190511111027j:plain

f:id:ausnichts:20190511111254j:plain



f:id:ausnichts:20190511113059j:plain

霞☆ゆめくじら公園」というんだそうです。その昔は霞ヶ浦海水浴場だったと思います。

 

f:id:ausnichts:20190511113941j:plain

一帯が運動公園のようになっています。四日市ドームが見えてきました。

 

f:id:ausnichts:20190511114246j:plain

テニスをやっていました。サッカー場一面の広さで展示会にも使えるそうです。

施設案内 - 四日市ドーム

 

f:id:ausnichts:20190511114700j:plain

f:id:ausnichts:20190511114919j:plain

野球場が2面あり、第3球場が工事中でした。

 

f:id:ausnichts:20190511115306j:plain

霞ヶ浦パークブリッジを渡り街なかに入ります。

f:id:ausnichts:20190511115345j:plain

橋の上から海方面ですが、先に見えるのは橋ではなくパイプを渡しているんだと思います。

f:id:ausnichts:20190511120630j:plain

JR関西線を渡ります。

 

f:id:ausnichts:20190511125707j:plain

「萬古まつり」の会場が見えてきました。

 

f:id:ausnichts:20190512140543j:plain

じゃなくて、屋台まつりみたいです(涙)。途中からは陶器の店が並んでいます。

 

f:id:ausnichts:20190511130327j:plain

ばんこの里会館」にも入ってみましたが、人がごちゃごちゃしていましたのですぐに出てきました(笑)。萬古焼と聞きますと土鍋を思い浮かべますが、ウィキペディアによりますと、

萬古焼(ばんこやき、万古焼)は、陶磁器・焼き物の一つで、葉長石(ペタライト)を使用して耐熱性に優れた特徴を持つ。陶器と磁器の間の性質を持つ半磁器(炻器)に分類される。
三重県四日市市の代表的な地場産業であり、1979年(昭和54年)1月12日から伝統工芸品に指定されている。その耐熱性の特徴を活かした紫泥の急須や土鍋が有名であり、特に土鍋の国内シェアは約8割を占める。

とのことで、土鍋のシェア8割はすごいですね。

f:id:ausnichts:20190511131719j:plain

三滝川沿いを歩きます。

f:id:ausnichts:20190511133000j:plain

後は街なかをゴールに向かうだけです。

 

f:id:ausnichts:20190511133526j:plain

うすかわ饅頭のお店がありました。「岩嶋屋」さん、創業天保8年とあります。1837年です。

 

f:id:ausnichts:20190511163104j:plain

酒素うすかわ饅頭と黒糖うすかわ饅頭を買ってみました。おいしかったです。

 

f:id:ausnichts:20190511134111j:plain

ゴール、四日市駅です。近鉄中心の街ですから、駅前も静かです。

 

ということで、半袖のウォーキング、日焼け止めクリームが効いていればいいのですが…。

 

約9.8km、お昼込みで約3時間のウォーキングでした。