前田利家百万石への道 いざ、犬千代ルートの名所へ参ろうぞ!

今日のさわやかウォーキングは、あおなみウォークとの合同ウォーキングのようです。知らずに参加しましたので人出の多さにびっくりしました。

ですので、あおなみ線の荒子駅からJR関西線春田駅までです。

 

前田利家百万石への道 いざ、犬千代ルートの名所へ参ろうぞ!

前田利家百万石への道 いざ、犬千代ルートの名所へ参ろうぞ!

 

f:id:ausnichts:20191208101729j:plain

f:id:ausnichts:20191208101800j:plain

「あおなみ線」は名古屋駅からレゴランドのある金城ふ頭までをつなぎます。たまたまラッピングされたレゴランドトレインという金城ふ頭行きのノンストップ臨時列車が荒子駅に臨時停車するということでしたので乗りました。

名古屋駅からは5,6分です。

 

f:id:ausnichts:20191208180740j:plain

荒子駅。

あおなみ線は、もとはJRの貨物線だったものを旅客化した路線で、運営は名古屋市の外郭団体の第三セクターです。もう15年になります。

 

f:id:ausnichts:20191208102031j:plain

駅前の前田利家の騎馬像です。前田利家は、

天文7年12月25日(1539年1月15日)、尾張国海東郡荒子村(現・名古屋市中川区荒子)において、その地を支配していた土豪・荒子前田家の当主である前田利春(利昌とも)の四男として生まれる。幼名は犬千代。 (ウィキペディア

です。

 

f:id:ausnichts:20191208102652j:plain

荒子公園、やや大きめの街中の公園です。

 

f:id:ausnichts:20191208103128j:plain

f:id:ausnichts:20191208103155j:plain

荒子観音。左の多宝塔は国の重要文化財で、名古屋市に現存する最古の建物とのことです。

荒子観音(あらこかんのん)は、愛知県名古屋市中川区荒子町にある天台宗の寺院。「荒子観音寺」とも称するが、正式には「浄海山圓龍(円竜)院観音寺」。「荒子の観音さん」としても親しまれている。尾張四観音のひとつに数えられる。本尊は聖観音(しょうかんのん、33年に1度開扉の秘仏)。(ウィキペディア

 

f:id:ausnichts:20191208104336j:plain

今日は街歩きですので、こうした住宅街か交通量の多い道路ばかりです。

 

f:id:ausnichts:20191208104803j:plain

f:id:ausnichts:20191208104829j:plain

f:id:ausnichts:20191208105001j:plain

寶珠院。

寶珠院(ほうじゅいん)とは名古屋市中川区中郷にある真言宗智山派の寺院。なごや七福神の大黒天をまつる。(ウィキペディア) 

 

 

f:id:ausnichts:20191208105245j:plain

普通の交差点。

 

f:id:ausnichts:20191208111347j:plain

龍潭寺。お寺巡りではありませんので道路から。

 

f:id:ausnichts:20191208111747j:plain

庄内川。

 

f:id:ausnichts:20191208190424j:plain

f:id:ausnichts:20191208112448j:plain

前田速念寺。お寺巡りではないといいながら、立ち寄るところはお寺ばかりです。

尾張国海東郡前田村にあった前田城の旧跡に創建された。前田村は前田利家をはじめとする前田氏発祥の地である(異説もある。前田氏参照)。もとは天台宗であったが、意休法師(前田利則、利家の叔父)のときに浄土真宗に改宗した。本尊は前田利家寄進にかかる阿弥陀如来尊像である。
速念寺の寺伝では、前田利家は前田城で生まれ、のちに荒子城(現・名古屋市中川区荒子)に移ったとしている。(ウィキペディア

 

f:id:ausnichts:20191208113444j:plain

新川。

 

f:id:ausnichts:20191208113753j:plain

新川沿いに近鉄名古屋線を渡ります。

 

f:id:ausnichts:20191208115210j:plain

名古屋環状2号線の工事です。

 

f:id:ausnichts:20191208115335j:plain

JR関西線春田駅が見えてきました。

 

ゴールは撮り忘れました。

約6.6km、休みなく歩いて1時間20分でした。

 

戦国人物伝 前田利家 (コミック版 日本の歴史 (36))

戦国人物伝 前田利家 (コミック版 日本の歴史 (36))