ズッキーニ(となす)とカッテージチーズのトースター焼き、イワシのパン粉焼き、リゾット アッラ ミラネーゼ

ここ何年も平日はほぼ2食で夜は食べませんので、料理をするのもウィークエンドくらいです。それも和食は手間暇がかかりますので、イタメシ系の適当料理です。

f:id:ausnichts:20180630204611j:plain

 

 

でも、それなりに豪華になります。

 

ズッキーニ(となす)とカッテージチーズのトースター焼き

これは、先週の土曜日だったか日曜日だったか、ズッキーニが余ってどうしようと思っていた時に、「男子ごはん」という番組でやっていたもので、さすがにその日はカッテージチーズがありませんでしたので、なしで作ったのですが、これが結構うまくって、じゃあということで、今日はカッテージチーズを入れてみました。

 

レシピはこちら。 男子ごはん:テレビ東京

 

f:id:ausnichts:20180630182424j:plain

レシピにはないナスも入っています。

ところがです、カッテージチーズが何の効果も出していないんですよね。番組では国分くんが「カッテージチーズの酸味が効いていて美味しいですね」って言っていたんですが、ほとんど味はないですね。そのまま食べればモッツァレラのような味です。

でもまあ、ズッキーニもナスも美味しかったです。

 

イワシのパン粉焼き

別に何のひねりもない、パン粉ににんにくのみじん切りとパセリを入れ、オリーブオイルで混ぜ合わせ、塩コショウしたイワシにかけて、オーブンで焼いただけです。

オーブンの温度はその日の気分で(笑),今日は220度、10分でした。

 

f:id:ausnichts:20180630182344j:plain

ちょっとオリーブオイルが足りませんでした。うまくいきますともう少ししっとりして、もっと美味しそうに見えます。

 

リゾット アッラ ミラネーゼ

f:id:ausnichts:20180630182324j:plain

 

写真は、米90グラムで作った半分です。

レシピは2人分。

  1. 米160gくらい、熱湯3カップにコンソメ固形2個とサフラン(適当)を溶かしたものを用意します。
  2. 玉ねぎ1/4くらいをみじん切りにし、バター20gとオリーブオイル大さじ1でよく炒めます。
  3. 米を加え、透きとおるくらいに炒めます。
  4. スープをひたひたになる程度に加え、弱火で煮ます。焦げないように時々かき混ぜながらスープを加えて煮ていきます。
  5. 適度にアルデンテになったら塩コショウで味を整え、皿に盛り、チーズを振ります。
  6. イタリアンパセリが似合います。ない時は適当に緑の野菜で間に合わせましょう。

元レシピは、

ですが、バターを減らしオリーブオイルにしています。

 

ベビーリーフのサラダ

最近はベビーリーフもいろいろな生産地のものが出回るようになっています。

 

f:id:ausnichts:20180630182347j:plain

 

ということで、スパークリングワインと共にいただきました。

 

基本のイタリアン (オレンジページブックス―とりあえずこの料理さえ作れれば)

基本のイタリアン (オレンジページブックス―とりあえずこの料理さえ作れれば)