米軍ヘリ、名護市長選、南城市長選


米海兵隊ヘリ、普天間第二小学校の上空付近を飛行

 

 

沖縄駐留米軍がどんなに勝手な振る舞いをしても、強く抗議するだの改善を申し入れるだのと口先だけの対応しかしない安倍政権=小野寺防衛相が、米軍ヘリの飛行映像を公開してなぜだか妙に強気に出ています。

小野寺防衛相、米軍に映像提供し確認要求 普天間第二小上空のヘリ飛行 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス

 

一体どうしたのかと思いましたら、どうやら名護市長選が間近に迫っているからですね。名護市長選は1月28日告示2月4日投開票ということです。

 

f:id:ausnichts:20180120202315j:plain

https://mainichi.jp/senkyo/articles/20180119/ddm/005/010/102000c

 

前回2014年の選挙では4,100票差で稲嶺さんが勝っています。

 

で、前回の選挙では自主投票だった公明党の県本部が、今回は元自民系市議の渡具知武豊氏の推薦を決めたらしく、上の記事はその理由を次のように書いています。

 

これまでの公明党の及び腰は、県本部が辺野古移設に反対だったためだ。今回も渡具知氏が市議時代に移設容認だったとして推薦に難色を示した。しかし昨年の衆院選で、自民党は比例代表での公明党への投票呼びかけを強化。市内の公明票は過去最多の5789票に達し、明確な協力のなかった2005年衆院選(1763票)、一部協力にとどまった14年衆院選(3558票)を上回った。政権幹部は「結果を評価してもらえる」と述べ、推薦を強く働きかけた。

 

なぜこうまで公明党は自民党の言うなりなのか、裏でなにかがありそうですね。宗教団体の権力闘争とか?

 

いずれにしても大変な選挙になりそうです。安倍政権はあらゆる手を使ってくるでしょう。実際、名護市を通さず直接辺野古地域に補助金をばらまいています。

 

それにしても、本来日本全体で考えるべきことを沖縄県や市町村の住民判断に押し付け、地域住民を分断するような現状をなんとかしなくてはいけないです。

 

昨日の南城市の市長選挙でも、翁長知事が支援する瑞慶覧長敏(ずけらんちょうびん)さんが勝利したとはいえ65票差ですよ。

www.huffingtonpost.jp

 

全国紙ももっと沖縄の現状を取り上げるべきです。