日本は秘密裏に「集団免疫」作戦をとっている?

日本の新型コロナウイルス対策の方向性が一向にみえません。 自粛を訴えるだけで、それが何にもとづいているのか、この先どういう目標を持ってやっているのか、専門家も政府も何も語りません。 しかし、このインターネット時代、素人でもちょっとググればい…

2020年鶴舞公園の桜

新型コロナウイルス、東京は大変なことになっています。東京オリンピックの延期が決定し、一気に感染者が増えています。なんか裏でやっていたんでしょうね。 花曇りの一日、鶴舞公園に散歩に出ました。やはり閑散としています。全体としてです。写真の公園入…

あいトリ 補助金減額交付、これでよかったのか。

文化庁が「表現の不自由展・その後」を理由に「あいちトリエンナーレ」に対する補助金を不交付にした件、その後どうなっているのかと思っていましたら、昨日、突然、「減額交付」というニュースが飛び込んできました。 これでいいんでしょうか? 何もかも有…

新型コロナに負けず「春の明治村」の一日

根拠なき全国一斉休校要請から3週間、そして再び根拠なき要請の解除と安倍政権の方針なき行き当りばったりの新型コロナ対策が続いています。 ということで一昨日3月20日から三連休に入り、多分このまま学校は春休みに入ることになるのでしょう。春らしい暖か…

沼田真佑著『影裏』画鋲で留められた電光影裏斬春風の模造紙

沼田真佑著『影裏』 映画の印象があまり良くなく、原作はどんなものかと読みました。2017年上半期の芥川賞を受賞しています。 影裏 (文春文庫) 作者:真佑, 沼田 発売日: 2019/09/03 メディア: 文庫 映画との関連で言えば、この小説を、書かれていることその…

2020名古屋農業センターのしだれ梅

昨日2月24日、名古屋農業センターdelaふぁーむへしだれ梅を見に行ってきました。2月22日から3月15日までしだれ梅まつりが開催されています。 名古屋農業センターしだれ梅まつり 毎年見に行っていると思っていましたが、昨年は犬山の大縣神社へ行きましたので…

宮下奈都著『静かな雨』映画とはまた違った小説の世界

宮下奈都著『静かな雨』 映画を見て興味を持ち読んだんですが、 随分違いますね。 映画の感想はこちら。 随分違うというよりもまったく異なった作品になっていると言ってもいいくらいです。 まず人物像が全然違います。映画の行助はかなり寡黙な人物ですが、…

恵那〜明智鉄道〜日本大正村〜明智城址(白鷹城)

今年は暖かい冬ですが、ここ2,3日は冬らしい寒さになっています。祭日の2月11日、恵那の日本大正村へ出かけました。 名古屋から JR中央線で恵那までは約1時間、恵那からは明智鉄道です。 明智鉄道恵那駅、JRの恵那駅とホームは隣り合わせですが一旦改札を出…

加納城下町と節分の巨大赤鬼が立ち並ぶ中山道をぶらり散策

さわやかウォーキング、岐阜です。金華山方面へはよく行きますが、岐阜駅の南側、加納方面を歩くのは初めてです。 2月1日、今年は暖かい冬ですが、今日は風が冷たいです。 加納城下町と節分の巨大赤鬼が立ち並ぶ中山道をぶらり散策 約6km、短いです。 JR岐阜…

参拝なしの熱田神宮へ約2時間のウォーキング

訳あって熱田神宮へ行くことになり、某所から千種経由で歩くことにしました。地図上のルートは千種からで6.2km、1時間21分と出ていますが、実際には某所から8.7km、約2時間、さわやかウォーキングとほぼ同等の距離です。 写真のサイズを 16:9に戻すのを忘れ…

~新春キャンペーン~新春開運神社めぐり~金銀銅を見つけよう~

2020年最初のさわやかウォーキングは一宮です。 一宮と言えば尾張一ノ宮真清田神社ということでタイトルが「新春開運神社めぐり」となっています。 ~新春キャンペーン~新春開運神社めぐり~金銀銅を見つけよう~ 約7.5kmの街歩きです。 一宮駅です。JRと名…

湊かなえ著『落日』頭の中で考えた物語は人間を描けない

湊かなえ著『落日』 新聞の書評で興味を持ち読んだ本です。その書評がネットにありました。 東京新聞:落日 湊(みなと)かなえ著:Chunichi/Tokyo Bookweb(TOKYO Web) 湊かなえの新たなる代表作、今年最高の衝撃&感動作。重い十字架を…

2020年初登り「金華山東坂ハイキングコース」から岐阜城へ

正月は岐阜金華山への(プチ)登山が恒例になってきました。3年連続です。 2018年1月1日金華山に登る、瞑想の小径、七曲り登山道2019年初登り 「金華山百曲り登山道」 岐阜城へ登る 金華山登山 | ええとこたんと岐阜市-観光情報から暮らしのガイドまで‐岐阜…

前田利家百万石への道 いざ、犬千代ルートの名所へ参ろうぞ!

今日のさわやかウォーキングは、あおなみウォークとの合同ウォーキングのようです。知らずに参加しましたので人出の多さにびっくりしました。 ですので、あおなみ線の荒子駅からJR関西線春田駅までです。 前田利家百万石への道 いざ、犬千代ルートの名所へ参…

東海自然歩道を歩く(善師野〜寂光院)

11月最後の週末、犬山寂光院へ紅葉を見に行こうと思い立ち、せっかくですので東海自然歩道を歩くことにしました。 さわやかウォーキングに参加していますとよく東海自然歩道の標識を見るのですが具体的に何を指しているのかよく知らず、この際ということで「…

ローマ教皇、安倍晋三に無力化される

令和元年11月25日 ローマ教皇フランシスコ台下との会談等 | 首相官邸ホームページ ローマ教皇のアイドル化 東京ドームのミサの様子をニュースでちらっとみましたが、ほとんどアイドルのコンサートのようでした。 ローマ教皇 東京ドームでミサ いったい誰が仕…

鵜沼宿〜太田宿を歩く

さわやかウォーキングは、ウォーキング人気なのか、高齢者が増えてきているせいなのか、参加者が多くなっています。それにちょっと飽きてきましたので、今日は単独ウォーキングです。コースは、先週中山道太田宿へ行きましたので、その流れで鵜沼宿から太田…

木曽川渡し場遊歩道と全国山城サミット可児大会を訪ねて

さわやかウォーキング、今日は高山本線、太多線、長良川鉄道の美濃太田駅です。さわやかウォーキングの出発駅としては初めてですし、コースも初めてです。多治見方面のふた駅先の可児駅に向かいます。 さわやかウォーキング 木曽川渡し場遊歩道と全国山城サ…

金原ひとみ著『アタラクシア』

アタラクシア|金原ひとみ|集英社 WEB文芸 RENZABURO レンザブロー 金原ひとみさん、10年ぶりに読みました。前回読んだのはいつだったかとサイト内を検索しましたら『TRIP TRAP/トリップ・トラップ』でした。その時も久しぶりに読んだと書いています。 この…

老舗酒造「甘強酒造」の蔵開きと蟹江うまいもの巡り

ウォーキング日和です。風もなく穏やかな11月最初の土曜日です。 コースは関西線蟹江駅、約6.6km、かなり短いコースです。 さわやかウォーキング 老舗酒造「甘強酒造」の蔵開きと蟹江うまいもの巡り 蟹江駅を出るところです。日和のせいかかなりの人手です。…

マリーケ・フェルフールトさんが安楽死(尊厳死)を選択

今月の10月23日、ベルギーの元パラリンピック金メダリスト、マリーケ・フェルフールトさんが安楽死(尊厳死)を選択し亡くなられたとの報道がありました。40歳でした。 マリーケ・フェルフールトさん、尊厳死を選択 www.bbc.com www.cnn.co.jp ベルギーでは…

天皇陛下万歳の向こうに見えるもの

なんとも奇妙な光景です。 もの言えぬ人を奇妙な祠のような(狭苦しい)場所に押し込め、その前でもの言える人たちが万歳と唱える、いったいこの人たちはその言葉の向こうに何を見ているんでしょう? もの言えるどころか今や三権を牛耳るまでに肥大化した安…

土岐明智氏ゆかりの地と土岐高山城戦国合戦祭りを訪ねて

先週は大きな被害が出た台風19号でしたし、その前の週も雨でしたし、昨日土曜日も雨と、このところ週末の天気がよくありません。 しかし、今日はいい天気です。中央線土岐市駅、もう数回来ていますね。 土岐明智氏ゆかりの地と土岐高山城戦国合戦祭りを訪ね…

再開なるも何たる「鑑賞の不自由展」あいちトリエンナーレ

昨日(10月8日)から「表現の不自由展・その後」の展示が再開されています。 そのことはとても素晴らしいことなんですが、入場制限のため抽選による1回につき30名のみの入場、鑑賞前の教育プログラム、ガイドツアー方式、手荷物の預かりと金属探知機による…

戦国武将ゆかりの地をめぐり、清流長良川とぎふ信長まつりを満喫しよう!

10月なのに予想気温は31度、東海道線岐阜駅のさわやかウォーキングです。岐阜は正月に岐阜城に登ったりと数回歩いていますがさわやかウォーキングとしては初めてです。 戦国武将ゆかりの地をめぐり、清流長良川とぎふ信長まつりを満喫しよう! 岐阜駅はやっ…

「表現の不自由展・その後」再開へ

(画像は表現の不自由展・その後(A23) | あいちトリエンナーレ2019) これは素晴らしいニュースです。 「表現の不自由展・その後」の実行委員会が展示の再開を求めて仮処分を申請していた裁判で和解が成立しました。 表現の不自由展・その後 和解内容は「1…

名古屋の二大庭園とてづくり朝市を訪ねて

今日のさわやかウォーキングは、東海道線熱田駅から中央線鶴舞駅までの約8.9km、街歩きです。街なかのウォーキングは信号が多く嫌だなあ(笑)。 名古屋の二大庭園とてづくり朝市を訪ねて 東海道線熱田駅、熱田神宮の最寄り駅なんですが、普通しか停まりませ…

白石一文著『火口のふたり』映画の原作本

映画「火口のふたり」の原作本です。 映画のレビューはこちらです。 この映画を見るまで白石一文さんを知らなかったのですが直木賞作家なんですね。 物語としては、映画はほぼ原作通りに進んでいます。ただ、映画では言葉だけの賢治の背景にかなり嘘っぽさを…

「あいちトリエンナーレ・その後」と豊田市美術館会場

「あいちトリエンナーレ」の会期、残りひと月を切りました。「表現の不自由展・その後」は再開の気配もありません。目指す気配もありません。 不自由展再開の仮処分申請に却下求める 河村市長、大村知事に質問状 表現の自由を考えるフォーラム 豊田市美術館…

「あいちトリエンナーレ・その後」と名古屋市美術館会場

9月半ばの連休の一日、9月14日、「あいちトリエンナーレ」名古屋市美術館会場へ行ってきました。 公園の中にありますので、愛知県美術館よりは落ち着きます。ただ、随分久しぶりに行ったんですが、こんなにこじんまりしていたっけ? とややびっくり、それに…