吉田修一著『犯罪小説集』10月18日公開予定の映画「楽園」の原作

吉田修一さんの『犯罪小説集』という小説が「楽園」というタイトルで映画化されると知り、読んでみました。映画は見ていませんが、以下、小説からの想像でネタバレ的な内容がありますのでご注意ください。 吉田修一著『犯罪小説集」 それぞれ犯罪絡みの5つ…

尾張三英傑に仕えた山内一豊の歴史にふれて

三ヶ月ぶりのさわやかウォーキングです。 この暑さ(35度予想)で大丈夫でしょうか。 さわやかウォーキング尾張三英傑に仕えた山内一豊の歴史にふれて 東海道線一宮です。ただ、一宮だけではダメなようで、尾張一宮と言わないと全国的には通じないようです。…

「あいちトリエンナーレ・その後」と四間道・円頓寺会場

先週の土曜日(9.7)、「あいちトリエンナーレ」円頓寺会場へ行ってきました。 ReFreedom Aichi 「表現の不自由展・その後」再開を求め仮処分申請 四間道・円頓寺会場 「表現の不自由展・その後」展示中止に抗議する! それにしても、蒸し暑くってゆっくり見…

「あいちトリエンナーレ・その後」は「静の時代」へ

たまたま近くに用があり2時間ほど空きましたので、再度、あいちトリエンナーレ2019の愛知県美術館会場へ行ってきました。 前回の記事はこちらです。 それにしてもこの美術館はいつ行っても落ち着いた雰囲気が感じられません。トリエンナーレどうこうではな…

今村夏子著『むらさきのスカートの女』

今年2019年上半期の芥川賞受賞作です。 【第161回 芥川賞受賞作】むらさきのスカートの女 作者: 今村夏子 出版社/メーカー: 朝日新聞出版 発売日: 2019/06/07 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 津村記久子さんの『ポトスライムの舟』を読んだ際…

津村記久子著『ポトスライムの舟』『十二月の窓辺』

2008年下半期の芥川賞受賞作です。処女作の『君は永遠にそいつらより若い』 に続いて読みました。 2008年下半期の芥川賞受賞 ポトスライムの舟 十二月の窓辺 ポトスライムの舟 (講談社文庫) 作者: 津村記久子 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2011/04/15 メ…

あいちトリエンナーレ2019 政治にかかわらないアートはアートではない

お盆休みの8月13日、「あいちトリエンナーレ2019(あいトリ)」の愛知芸術文化センター会場へ行ってきました。画像はあいトリのメインビジュアルにも使われているウーゴ・ロンディノーネさんの「孤独のボキャブラリー」です。この作品も、例の「表現の不自由…

東山動植物園ナイトZOO 2019 ナイトズー

お盆休みの初日、東山動物園のナイトZOOに行ってきました。通常は4時50分までの開園がお盆期間は8時30分まで開園しているというものです。 東山動植物園ナイトZOO 2019年8月10日(土)の6時15分頃、地下鉄東山線東山公園到着、動植物園はすぐ目の前です。全…

津村記久子著 『君は永遠にそいつらより若い』

初めて津村記久子さんの本を読みました。 君は永遠にそいつらより若い (ちくま文庫) 作者: 津村記久子 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2009/05/11 メディア: 文庫 購入: 2人 クリック: 49回 この商品を含むブログ (53件) を見る 面白いという言葉がピッ…

松尾匡、橋本貴彦著 『これからのマルクス経済学入門』 日本のMMT提唱者

「財政赤字は悪でも脅威でもない」MMT提唱の米教授:朝日新聞デジタル 「れいわ新選組」の山本太郎さんが注目されていることと連動して、にわかに反緊縮、MMTの話題が目立つようになっています。提唱者の一人、ニューヨーク州立大のステファニー・ケルト…

ジャニーズ事務所圧力記事 新聞は墓穴を掘るのではないか

今朝の中日新聞の一面にはびっくりしました! ジャニーズ事務所の圧力にではありません。 一面トップがこれか!? 新聞が一面で報じるべきはこれじゃなく、この記事(下)でしょう。 安倍首相の街頭演説中に「安倍やめろ」や「増税反対」と叫んだだけで数人…

トヨタ産業技術記念館

連休の一日、トヨタ産業記念館へ出かけました。 www.tcmit.org 名古屋駅から徒歩15分くらいだったと思います。名古屋観光の場合はルートバスめーぐるで名古屋駅からひとつ目です。帰りはこのめーぐるに乗って名古屋駅まで戻りました。 名古屋駅から東海道線…

望月衣塑子著『新聞記者』 映画よりも権力の怖さがわかる

映画「新聞記者」の原案との触れ込みの望月衣塑子さんの「新聞記者」を読みました。 ああ、逆ですね、映画のほうが望月さんの名前を触れ込んでいるということです。 新聞記者 (角川新書) 作者: 望月衣塑子 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2017/10/12 メ…

美濃町家回廊・涼の音の散策 うだつの上がる町並み「美濃市」

梅雨の晴れ間、美濃市へ出かけました。 美濃方面へ鉄道で出かけるのは、関市のさわやかウォーキングには何度も行っていますが、美濃市は初めてかもしれません。特別目的があったわけではありませんが、ふと「美濃町家回廊・涼の音の散策」というイベントを目…

品田悦一著『万葉集の発明』

令和騒ぎもやっと落ち着いてきました。 このIT時代に元号など面倒なだけとは思いますし、実際、excelでは自作のプログラムが動かなくなっています。まあ、深く考えずに元号を使っていたわけですから自業自得ではありますが、これからはすべて西暦を使おうと…

万博の思い出を求めてモリコロパークへ

今年前半のさわやかウォーキングも先週で終わりかと思っていましたらもう一回参加できました。愛知環状鉄道八草駅、リニモの終点駅でもあります。 さわやかウォーキング 万博の思い出を求めてモリコロパークへ 八草駅到着は10時20分です。 愛知環状線はさほ…

関の刃物の歴史・文化とご当地グルメ大会満喫

3週間ぶりのさわやかウォーキングです。梅雨に入りますと、どうしても雨やらタイミングがあわずでなかなか行けなくなります。 さわやかウォーキング 関の刃物の歴史・文化とご当地グルメ大会満喫 長良川鉄道関駅、名古屋からですと、東海道線岐阜経由の高山…

日本国憲法入門書3冊(メモ)

国立公文書館 「ゴー・ホーム・クイックリー GHQ」を読んだことを機に日本国憲法について少し突っ込んで調べる気になり、とりあえず図書館の書棚にあった3冊を読んでみました。 憲法とは何か (岩波新書) 作者: 長谷部恭男 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日…

筒井町天王祭2019

筒井町、出来町の天王祭です。今年は昼間に筒井町に出かけました。 higashiku-dashi.or.jp 12時30分頃に「出会」があるようですので目的の場所に向かいましたら、神皇車が曳行されてきました。 筒井町天王祭2019神皇車方向転換 交差点で方向展開します。 「…

さわやかウォーキング ようこそ可児市へ 春のバラまつりと明智城址を訪ねて

5月25日、予想気温35度がでているのに大丈夫か!? という異常気象の中のウォーキングです。太多線可児駅です。先週の各務原が岐阜から高山へ向かう高山線でしたが、この太多線はその高山線の美濃太田と中央線の多治見をつなぐ路線で、列車自体は岐阜と多治…

中路啓太著 『ゴー・ホーム・クイックリー GHQ』 未だなし得ていない大いなる命題

中路啓太著 『ゴー・ホーム・クイックリー GHQ』 ゴー・ホーム・クイックリー 作者: 中路啓太 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2018/11/22 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 「ゴー・ホーム・クイックリー」これは未だ日本がなし得ていない大…

集まれ飛行機好き 各務原の深まる緑を楽しみ、航空宇宙博物館へ行こう

昨日5月18日のさわやかウォーキングは、各務原市那加、航空自衛隊の基地があることは知っていますが、初めての町ですし、そもそもの位置関係もはっきりしておらず、今やっとGoogle Mapで理解しました。 岐阜と犬山のちょうど中間の町で、電車で行くにもどち…

四日市港開港120周年記念 ポートビルからの展望と萬古まつりを楽しもう

さわやかウォーキング 四日市港開港120周年記念 ポートビルからの萬古まつりを楽しもう もう日本には四季なんてものはなくなりましたね。まだ5月中旬に入ろうかという時期なのに気温は30度近くまで上がったようです。 四日市のひとつ手前の富田浜駅から四日…

濱口桂一郎著『働く女子の運命』

働く女子の運命 (文春新書) 作者: 濱口桂一郎 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2015/12/18 メディア: 新書 この商品を含むブログ (10件) を見る 上の画像にあるジェンダーギャップ指数101位とあるのは2015年のことで、最新の2018年版では110位と下がって…

窯元の町並みと下街道・高山宿を巡り織部の里を満喫

窯元の町並みと下街道・高山宿を巡り織部の里を満喫 さわやかウォーキング、土岐駅です。土岐は結構来ています。 一年半前の秋はこちら。 www.tokotokotekuteku.com 二年前の同じ頃にほぼ同じコースを歩いています。 www.tokotokotekuteku.com そしてその一…

江南曼陀羅寺の藤

連休の天気はあまりよくなさそうですので、早めにということで4月28日の日曜日に江南曼陀羅寺の藤を見に行きました。 江南市 曼陀羅寺 名鉄の江南駅前です。名古屋から20分から30分くらいです。 曼陀羅寺まではシャトルバスも出ていますが、徒歩30分くらいで…

旧東海道 石薬師宿と 鈴鹿「植木まつり」を訪ねて

関西線、河曲駅のさわやかウォーキングです。「かわの」と読むようです。名古屋から快速で50分くらいでした。 河曲駅、駅舎もない無人駅、1時間に1本って感じです。 駅前の風景です。 田園風景、もう田植えが済んでいます。 いいところですね。 と思ってい…

吉田修一著 『ウォーターゲーム』

吉田修一さんの「鷹野一彦シリーズ」の三作目です。これで完結になるんでしょうか、そんな終わり方です。 ウォーターゲーム 作者: 吉田修一 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2018/05/24 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る 産業スパイの物…

森林公園の桜(愛知)

昨日(2019.4.13)のさわやかウォーキングは南木曽でしたのでパスしました。最近では妻籠馬籠あたりはウォーキングがあるないにかかわらず常に人が多くなっている上に、電車の本数が少なく、行きはともかく帰りは混み合うに決まっています。 ということで、…

落合公園の桜(春日井)

今週末(2019.4.6-7)は絶好の花見日和となりましたので、昨日(4.6)、春日井の落合公園へ出かけました。花見には初めての場所ですが、今年1月のさわやかウォーキング「春日井商業高校企画 春日井のまちで謎解きツアー 〜かえるくんと一緒に道風くんを探せ…