吉田修一著 『ウォーターゲーム』

吉田修一さんの「鷹野一彦シリーズ」の三作目です。これで完結になるんでしょうか、そんな終わり方です。 ウォーターゲーム 作者: 吉田修一 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2018/05/24 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る 産業スパイの物…

森林公園の桜(愛知)

昨日(2019.4.13)のさわやかウォーキングは南木曽でしたのでパスしました。最近では妻籠馬籠あたりはウォーキングがあるないにかかわらず常に人が多くなっている上に、電車の本数が少なく、行きはともかく帰りは混み合うに決まっています。 ということで、…

落合公園の桜(春日井)

今週末(2019.4.6-7)は絶好の花見日和となりましたので、昨日(4.6)、春日井の落合公園へ出かけました。花見には初めての場所ですが、今年1月のさわやかウォーキング「春日井商業高校企画 春日井のまちで謎解きツアー 〜かえるくんと一緒に道風くんを探せ…

中日新聞は特集記事で勝負する

最近の新聞(中日新聞なんですが)は、一面に政治ネタを載っけないのか!? と、このところずーと気になっていたのですが、どうやら中日新聞は、安倍政権のメディアへの圧力に対抗して地下に潜る(笑)作戦に出たらしく、特集記事をスポーツ欄や家庭欄に紛れ…

花見がてらの SAKUMACHI商店街 名鉄瀬戸線尼ヶ坂駅

3月30日、桜は満開近いのですが花冷え状態で、空もかなり重めの雲が一面、夕方から雨模様の予報です。本格的な花見は来週あたりの花吹雪期待で、今日は名鉄瀬戸線沿いの桜並木を少し歩いてみました。 ちょうど、昨日3月29日、尼ヶ坂駅に「SAKUMACHI商店街」…

さわやかウォーキング 安城に春到来 開運寺社仏閣巡りと 水にまつわる散策で清浄リフレッシュ!

ちょうどひと月ぶりのさわやかウォーキング、安城です。過去記事を見てみましたら、昨年も3月24日、一日違いで安城に来ています。コースもほぼ同じです。 www.tokotokotekuteku.com 今出てきた三河安城駅の改札口です、が、そんなもの撮ってどうするの? こ…

「ROMA/ローマ」を見るために 地の果て(イオンシネマ茶屋)に行く

昨年2018年のベネチアで金獅子賞を受賞、アカデミー賞で外国語映画賞、監督賞、撮影賞を受賞したアルフォンソ・キュアロン監督の「ROMA/ローマ」を見るために地の果てイオンシネマ茶屋に行ってきました。 率直なところ、もっと都心の映画館で上映してほしい…

小石清写真集『初夏神経』と『半世界』

阪本順治監督の映画「半世界」を見て、小石清さんという方はどういう作品を残しているのだろうと興味がわき、図書館で写真集『初夏神経』と『日本の写真家15 小石清と前衛写真』を借りました。 映画の感想はこちら。 www.movieimpressions.com 借りた本はこ…

長山靖生著 『帝国化する日本-明治の教育スキャンダル』

帝国化する日本――明治の教育スキャンダル (ちくま新書) 作者: 長山靖生 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2018/09/06 メディア: 新書 この商品を含むブログ (1件) を見る この『帝国化する日本』というタイトル、仰々しいだけに、あえて今の日本を批判的に…

犬山大縣神社の梅園

3月2日、晴天、風なし、絶好の花見(梅)日和です。 が、花粉が…。 これまで行ったことがないところということで、犬山大縣神社に行きました。 名古屋から名鉄小牧線で楽田駅下車、地下鉄平安通駅から30分くらいです。電車が妙に混んでおり、みんな梅? と…

さわやかウォーキング 陶器とガラスのお雛様がお出迎え 陶のまち瀬戸のお雛めぐり

花粉の季節になりました。今日は風も強くちょっと厳しいかも知れません。 今日のさわやかウォーキングは、愛知環状鉄道「瀬戸市駅」から瀬戸の中心部に向かい再び戻ってくるコースです。名古屋から瀬戸へ行こうとしますと、まず名鉄瀬戸線を思い浮かべますが…

保坂正康著『昭和の怪物 七つの謎』

昭和の怪物 七つの謎 (講談社現代新書) 作者: 保阪正康 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2018/07/19 メディア: 新書 この商品を含むブログ (5件) を見る タイトルや本のカバー写真からはかなり古さが感じられますが、昨年2018年7月に出版された本です。 本…